寺子屋スジャータ

08話 慈しみにみちた若き王子

南伝ブッダ年代記 | アシン・クサラダンマ | 花

アシン・クサラダンマ長老 著 
奥田昭則 訳 / チョウ・ピュー・サン 挿絵

第1部 出家まで 

第3章 王子の時代

08話  いつくしみにみちたわか王子

シッダッタ王子が友人ゆうじんたちともっともちがっていたのは親切しんせつさだった。それはあらゆる行為こういしめされた。ひとが人によって搾取さくしゅされているのをるのを、かれはこのまなかった。
あるとき、友人たちとおう農園のうえんった。農夫のうふらは土地とちたがやし、伐採ばっさいし、そのほかの手仕事てしごとをしていた。服装ふくそうはみすぼらしく、灼熱しゃくねつざしのしたはたらいている。かお手足てあし、からだの全体ぜんたいあせだらけ。このみじめな光景こうけいて、かれのこころつようごかされた。あるものべつの者を搾取するのはたしてただしいことかどうか、友人たちにきいたが、こたえはなかった。
シッダッタ王子はまずしいひとびとやきもののことをつねにかんがえた。かれらの主人しゅじんらくらしている一方いっぽうくるしい仕事しごとをしなければならないのである。かれらの主人や王子自身じしんのように、なに不自由ふじゆうなく幸福こうふくらせるみちを王子は考えた。友人たちのなかで王子のめいそうてき性質せいしつはきわだっていた。
ある日、いちほんの木の木陰こかげすわっていたとき、地面じめんからトカゲがてくるのを見た。あたりをあるきまわり、ちいさな昆虫こんちゅうしたらえてべた。トカゲは小さな昆虫をらえるのにいそがしく、ヘビが呑み込のみこもうとして近寄ちかよってくるのにづかなかった。一瞬いっしゅんのうちにヘビはトカゲのあたまみつき、すこしずつ呑み込のみこんだ。ヘビがトカゲを呑み込んでいるとき、タカがサァーッとりて、ヘビをつかみ、き、食べてしまった。
シッダッタ王子はこの出来事できごとを、おどろきをもってにした。ふかく考え、なんも心の中で反芻はんすうした。
「おお、なんといのちとはなやましいものだろうか! もし、つよい生きものがつねによわいものを餌食えじきにするのなら、こうした弱いものは、つねに強いものからのおおきな危険きけんの中できていくのだろう。なぜ両方りょうほうなかよく和合わごうして生きられないのだろうか?」
また、こんなふうにも理解りかいした。
「もし、すべてがこのようであるなら、人生じんせいうつくしいといわれているものも確実かくじつに、このようなみにくさをかくしているのだろう。いまわたしは幸福だけれど、大きなくるしみも、そこにかくされている。それは、あらゆる生きとしけるものにとっても真実しんじつなのであろう」
シッダッタ王子は人びとにかぎらず、動物どうぶつやその他のものにも同様どうように、たいへん親切だった。あらゆる生きものに対してかれの慈悲じひふかい性質は目立めだっていた。かつて従者じゅうしゃつえでヘビをたたいているのを見て、王子はただちにめて、たたいてはいけない、とさとしたのである。
それとは別のときだが、王子ははやしともだちといっしょにあそんでいた。友だちの中にはシッダッタ王子の従弟いとこのデーヴァダッタがいて、ゆみをもち、を何本かれた矢筒やづつ背負せおっていた。休憩きゅうけいしているあいだ、王子は一本の木の下このしたで、しずけさと自然しぜんたのしんでいた。突然とつぜん白鳥はくちょうが一そらから落下らっかしてきた。ちょうど目のまえのほど遠からぬところにちた。デーヴァダッタがとしたのだとわかった。シッダッタは立ち上たちあがり、いそいで白鳥をたすけに行った。デーヴァダッタもいかけてはしったが、シッダッタのほうがデーヴァダッタよりはやはしれた。矢は白鳥の片方かたほうの羽根をつらぬいていたが、さいわいまだ生きていた。ていねいにやさしく矢をいてやった。そして薬草やくそうみとり、そのしるしぼって傷口きずぐちにかけ、出血しゅっけつを止めた。注意深ちゅういぶかくなでさすって、おびえきっている白鳥をなだめた。自分じぶんむねいて、ぬくもりと安心あんしんかんあたえたのである。
ちょうどそのとき、やっといたデーヴァダッタが、シッダッタにいだかれている白鳥を見た。それをわたせ、とデーヴァダッタが要求ようきゅうしたが、シッダッタはおうじず、ことわった。デーヴァダッタがおこり、白鳥をつかみとろうとっかかってきた。「それは、ぼくのだ! 射落としたのは、ぼくだ。ぼくにかえせ!」と怒鳴どなった。
しかし、シッダッタ王子は胸に抱いたままわたそうとはせず、「きみにはわたさないよ、絶対ぜったいに! もし、ころしてしまっていたら、きみのものかもしれない。でも、この白鳥はけがをしただけで、まだ生きている。わたしがいのちを助けたのだ。だから、これは、射落としたきみではなくて、助けたわたしに所属しょぞくしている」
このような口論こうろんになり、いいあらそった。とうとうシッダッタが「賢者けんじゃたちの法廷ほうていに行って、このあらそいのさばきしてもらおう。どっちがほんとうに白鳥を受け取うけとるのにふさわしいか、きこう」というと、デーヴァダッタは同意どういした。
賢者たちの法廷で、いきさつをくわしくはなした。すると、賢者たち同士どうし議論ぎろんになった。ある者は、とりはシッダッタ王子に所属する、なぜならいのちを助けたからだ、といい、一方で別の者は、デーヴァダッタが所有しょゆう者であるべきだ、りょう獲物えものは殺した者がそれを所有するというのがまりだから、と考えた。最後さいごに、賢者たちの一人が、こう宣告せんこくしたのである。
「すべての生きとし生けるものは、いのちを助け、まもる者に所属すべきです。いのちは、破壊はかいしようとする者には所属できないのです。このきずついた白鳥はまだ生きていて、シッダッタ王子にすくわれた。したがって、この白鳥はたしかに、すくい手であるシッダッタ王子に所属しています」

09話へ続く


08 MERCIFUL NATURE OF THE YOUNG PRINCE

 

What mostly differentiated Prince Siddhattha with his friends was his kindness. It was expressed in all his deeds. He did not like to see the exploitation of man by man. Once, he went to his father’s farm with some of his friends. He saw labourers ploughing the land, cutting trees, and doing other manual work. They were scantily clothed and worked under the hot burning sun; they were sweating all over their faces, limbs and bodies. Seeing this pitiful sight, his heart was greatly moved. He asked his friends whether it could be right for one to exploit another, but his friends had nothing to say.

Prince Siddhattha always thought of poor people and living beings who must work hard while their master could live in comfort. He thought of ways to make them as happy as their master or as he himself, who could live without any inconveniences. Among his friends, the prince has a prominent contemplative nature.

One day when he was sitting under the shade of a tree, he saw a lizard crawling out of a crevice in the earth. It wandered round, catching and eating small insects with its tongue. While the lizard was busy trying to find small insects, it was unaware that a snake was approaching and ready to devour it. In just a second, the snake bit the lizard’s head and swallowed it little by little. And when the snake was swallowing the lizard, a hawk swooped down, seized the snake, tore it apart, and ate it.

Prince Siddhattha noticed the event with astonishment. He thought deeply about it and reflected: “O, how distressing is life! If stronger creatures always prey on the weaker ones, then these weaker ones will always live in great danger from the stronger ones. Why can’t they live together in harmony?” He also realised: “If everything is as such, then what is said to be beautiful in life will surely also hide such ugliness. Thus, although I am happy now, there is also a great suffering hidden, and this is also true to all living beings.”

Prince Siddhattha was also very kind, not only to people, but to animals and other beings as well. His merciful nature was conspicuous towards all creatures. Once, seeing his attendant beating a snake with a rod, the prince immediately stopped and admonished him not to beat it.

On another occasion, the prince was playing with his companions in the woods. Among the companions was Devadatta, Prince Siddhattha’s cousin, who had a bow in his hand and some arrows in an arrow case hung on his back. During the recess, he was resting under a tree enjoying the peace and beauty of nature. Suddenly, a swan fell from the sky just in front of and not too far from him. He knew that Devadatta had shot the bird. Siddhattha stood up and rushed to help the swan. Devadatta also ran after it, however Siddhattha could run faster than Devadatta. He found that an arrow had pierced one of its wings; fortunately the swan was still alive. He then gently pulled the arrow out from the wing and picked some medicinal herbs, squeezed the juice onto the wound to stop the bleeding. He stroked the swan carefully and calmed the frightened bird. He held it next to his chest to give it warmth and safety.

Now, Devadatta, who just arrived, saw the swan held by Siddhattha. He demanded that the bird be handed over to him, but Siddhattha refused to comply. Devadatta angrily stepped toward him trying to snatch the swan and shouted: “That bird is mine! It was I who shot it down. Give it back to me!” But Prince Siddhattha kept it away from Devadatta, and replied: “I won’t give it to you. Never! Had you killed it, it would have been yours. But this swan is only wounded and it is still alive. I saved its life, so it belongs to me, the saver, not to you, the shooter.” Thus they quarrelled and argued. Finally, Siddhattha suggested: “Let us go to the court of wise men to settle this argument and ask them who really deserves the swan.” Devadatta agreed.

Before the court of wise men, they recounted their dispute. So, the wise men discussed among themselves. Some said that the bird should belong to Prince Siddhattha because he had saved its life, while others believed that Devadatta should be the owner, as by the rules of the game, he who killed it would own it. Finally, one of the wise men proclaimed: “All living creatures must belong to those who save or guard their lives. Life cannot belong to one who is trying to destroy it. This wounded swan is still alive and was rescued by Prince Siddhattha. Therefore, this swan surely belongs to its saviour, Prince Siddhattha.”

To be continued

※ 画像やテキストの無断使用はご遠慮ください。/  All rights reserved.南伝ブッダ年代記

アシン・クサラダンマ長老

1966年11月21日、インドネシア中部のジャワ州テマングン生まれ。中国系インドネシア人。テマングンは近くに3000メートル級の山々が聳え、山々に囲まれた小さな町。世界遺産のボロブドゥール寺院やディエン高原など観光地にも2,3時間で行ける比較的涼しい土地という。インドネシア・バンドゥンのパラヤンガン大学経済学部(経営学専攻)卒業後、首都ジャカルタのプラセトエイヤ・モレヤ経済ビジネス・スクールで財政学を修め、修士号を取得して卒業後、2年弱、民間企業勤務。1998年インドネシア・テーラワーダ(上座)仏教サンガで沙弥出家し、見習い僧に。

詳しく見る

ヴィパッサナー修習(観察冥想)実践、仏教の教理を学び、先輩僧指導の下、2000年までジャワ島、スマトラ島で布教に従事。同年11月、ミャンマーに渡り、チャンミ・イェッタ森林冥想センターで修行し、2001年、導師チャンミ・サヤドーのもとで比丘出家。同年、ミャンマー・ヤンゴンの国際仏教大学(ITBMU)入学、2004年首席(金メダル授与)卒業。同年以降2006年まで、バンディターラーマ冥想センター(ヤンゴン)、バンディターラーマ森林冥想センター(バゴー)でヴィパッサナー冥想修行。

奥田 昭則

1949年徳島県生まれ。日本テーラワーダ仏教協会会員。東京大学仏文科卒。毎日新聞記者として奈良、広島、神戸の各支局、大阪本社の社会部、学芸部、神戸支局編集委員などを経て大阪本社編集局編集委員。1982年の1年間米国の地方紙で研修遊学。2017年ミャンマーに渡り、比丘出家。

詳しく見る

著書にヴァイオリニスト五嶋みどり、五嶋龍の母の半生を描いた「母と神童」、単一生協では日本最大のコープこうべ創立80周年にともなう流通と協同の理念を追った「コープこうべ『再生21』と流通戦争」、新聞連載をもとにした梅原猛、今出川行雲、梅原賢一郎の各氏との共著 「横川の光 比叡山物語」。2021年、逝去。
ページトップへ