寺子屋スジャータ

06話 ゴータマ・シッダッタ ・・・・ 命名式

南伝ブッダ年代記 | アシン・クサラダンマ | 花

アシン・クサラダンマ長老 著 
奥田昭則 訳 / チョウ・ピュー・サン 挿絵

第1部 出家まで 

第2章 生誕

06話  ゴータマ・シッダッタ・・・・命名式めいめいしき

 

菩薩ぼさつ降誕ごうたん五日後いつかご、スッドーダナおう宮殿きゅうでんで命名式をひらいた。学識がくしきあるバラモンひゃくはちにんが命名式にまねかれた。王はバラモンたちに居心地いごこちのよいせき用意よういし、美味びみ食べ物たべものでもてなした。
バラモンたちのなかでは八人が傑出けっしゅつしていた。ラーマ、ダジャ、ラッカナ、マンティ、ヤンニャ、スボージャ、スヤーマ、スダッタである。王はかれらに、赤ん坊あかんぼう王子おうじ身体からだのしるしから、将来しょうらい予言よげんさせた。身体のしるしを調しらべて、八人中なな人がめいめいゆびほんげて、こういった。
偉大いだいなる王よ、われらには王子にきるふたつの可能かのうせいえます。もし、在家ざいけ人生じんせいえらばれましたら、武器ぶきもちいず正義せいぎだけで世界せかい統治とうちする理想りそう帝王ていおう転輪てんりん聖王じょうおうとなられるでありましょう。もし、出家しゅっけされましたら、ブッダになられます」
しかし、いちばんわかく、いちばん賢明けんめいなヤンニャ・バラモン、かれはコンダンニャ・バラモンとしてもられていたのだが、このヤンニャが指いち本だけ挙げて、きっぱり、こう予言した。
「可能性はたったひとつでございます。王子は出家なさって、確実かくじつにブッダになられます」
身体のしるしをこのようにいたわかいバラモン、コンダンニャの予言がのすべてのバラモンにれられた。それで、学識あるバラモンたちもまた、王子が俗世ぞくせらしをてて出家するようになるだろうとべた。そして、それはよっつの予兆よちょうのあとで、四つとは、老人ろうじん病人びょうにん死骸しがいそうであるという。
王子がブッダのさとりにたっするであろう、と予言してから、バラモンたちは王子に「シッダッタ」と命名した。〈のぞみをかなえる〉((アッタ)の成就じょうじゅ目的もくてき完成かんせいする)という意味いみで、ぜん世界の利益りえきのために任務にんむをうまくたすだろうということを、それとなくしめす一つの予兆としての名前なまえだった。王家おうけせいは「ゴータマ」で、したがってシッダッタ・ゴータマとばれた。

生母せいぼマハーマーヤーくなる

菩薩降誕の七日目、生母のマハーマーヤー妃がくなった。菩薩出産しゅっさん後の肥立ひだちがわるかったのではなく、それが寿命じゅみょうだったのである。王妃おうひ兜率トゥシタてんに生まれ変わり、マーヤーデーヴァプッタ(サントゥシタ)というかみ(デーヴァ)(男神おがみ)になった。王妃のいもうとはマハーパジャーパティー・ゴータミーで、だい二王妃であったが、マハーマーヤー妃ので第一王妃となった。王子のこども時代じだい養母ようぼとして世話せわし、王子の二、三日後にまれたわが子ナンダ王子よりも世話をした。じつのわが子は乳母うばまかせ、菩薩をほんとうのわが子のように面倒めんどうた。たいへんな愛情あいじょうをそそぎ、ほとんどの時間じかんを菩薩の世話にてた。

国王こくおう犂耕りこうさいおさない菩薩が禅定ぜんじょう

毎年まいとし恒例こうれいの国王犂耕祭という季節きせつまつりがあった。王家だけではなく、都市としのすべてのひとびともまたおなじく参加さんかした。大臣だいじん家来けらい警護けいごもの随行ずいこうのお供を多数たすうれ、王が野辺のべ出向でむいた。幼い王子もいっしょにれていき、王子をふともも(ふともも)(原注げんちゅう:パーリjambu(ジャンブ)、ラテン語Eugenia(エウゲニア)jambolana(ジャンボラナ))のすずしい木陰こかげいて、子守こもりたちに面倒をみさせた。
さて、王みずからすきたがやして祭りの口火くちびった。きんの犂をく、うつくしくかざった去勢きょせいうし最初さいしょの二とうを、王がりたてた。王につづいて家来が、ぎんをつけて銀の犂を引く去勢雄牛たちを駆りたてた。祭りは盛大せいだい挙行きょこうされた。
幼い王子は、祭り見物けんぶつ夢中むちゅうの子守りたちにったらかしにされている自分じぶんづき、がって、しずかにあしんですわった。めいそう開始かいしし、出息しゅっそく入息にゅうそく(アーナパーナ)の修習しゅうじゅう(バーワナー)に集中しゅうちゅうした。たちまち色界しきかい(ルーパワチャラ)第一禅定だいいちぜんじょう(ジャーナ)にたっした。そのとき、菩薩が坐っていた蒲桃の木の木陰は、もとのままの涼しい木陰だった。木陰は自然しぜん太陽たいよう運行うんこう同調どうちょうするようにはうごかなかったのである。
子守りたちがやっと自分たちのつとめを思い出おもいだし、あわててもどってきた。幼い王子の姿すがたつけておどろき、王に報告ほうこくした。
「国王陛下へいか、王子さまがひっそり、静かに坐っておられます。ほかの木の木陰は太陽につれて場所ばしょわっているのに、王子さまがじろぎもせずすわつづけておられる蒲桃の木の木陰は、もはや真昼まひるぎてしまったのに、円形えんけいのそのままになっております」
スッドーダナ王はただちにそこへって、幼い王子になにきているか、目撃もくげきした。その奇跡きせきを見て、王は「おお、わが親愛しんあいなる息子むすこよ、これはちち二回目にかいめのそなたへの礼拝らいはいである」と、敬意けいいくちにして礼拝したのであった。

07話へ続く


06 THE NAME-GIVING CEREMONY

            On the fifth day after the birth of the Bodhisatta, King Suddhodana held a name-giving ceremony in his palace. He invited one hundred and eight learned brahmins to participate in the ceremony. Comfortable seats were prepared for the brahmins, and the king served them with delicious foods.

Among the brahmins, there were eight distinguished ones: Ràma, Dhaja, Lakkhaõa, Mantã, Yañña, Subhoja, Suyàma and Sudatta. The king asked them to foresee the marks on the body of the baby prince. Having examined the physical marks of the child, seven of them raised two fingers each and said: “O great king, we see two possibilities which may occur to your son. If he chooses to lead a life of a householder, he will become a Universal Monarch; if he renounces the world and becomes a recluse, he will become a Buddha.” But the youngest and wisest one—the brahmin Ya¤¤a, who was also known as the brahmin Koõóañña—raised only one finger and firmly foretold: “There is only one possibility. The prince will renounce the household life and certainly become a Buddha.”

The reading of the physical marks by the young brahmin Koõóañña was accepted by all of the other brahmins. Then, those learned brahmins also told the king that the prince would renounce worldly life and become a recluse after seeing four omens—an old man, a sick man, a corpse and a recluse. Having prophesied that the prince would attain Buddhahood, the brahmins gave him the name “Siddhattha”, which means “one whose wishes will be fulfilled”, as an omen indicating that he would successfully accomplish the task for the benefit of the entire world. His family name was “Gotama”, so he was also called Siddhattha Gotama.

 

The Passing Away of Queen Mahàmàyà

On the seventh day after the birth of the Bodhisatta, his mother Queen Mahàmàyà passed away—not because she had given birth to the Bodhisatta, but because her life-span had reached the end. She was reborn in the Tusita Heaven as a deva named Màyàdevaputta (Santusita). The queen’s younger sister, Mahàpajàpatã Gotamã, who was also the second queen, then became the chief queen. She nursed and cared for the prince in his childhood even more than her own son who was born two or three days after the Bodhisatta’s birth. She entrusted her own son—Prince Nanda—to nurses and she looked after the Bodhisatta as her own son. She loved him very much, and most of the time the Bodhisatta was under her care.

 

The Royal Ploughing Festival

There was a regular seasonal festival held every year called the Royal Ploughing Festival. It was participated not only by the royal families but by all the people of the city as well. Accompanied by a great retinue of ministers, courtiers, bodyguards and other followers, the king went to the field. He brought with him the young prince and put him under the cool shade of a rose-apple tree (Pàëi: jambu; Latin: Eugenia jambolana) to be looked after by the nurses.

Now, the king opened the festival by ploughing the field first. He drove the first pair of beautifully decorated bullocks pulling a golden plough. The other courtiers followed the king, driving silver ploughs pulled by bullocks with silver harnessing. The festival was magnificently performed.

Finding himself left by his nurses who were enjoying the ceremony, the young prince then rose and sat cross-legged quietly. He started meditating, concentrating on breathing-in and breathing-out (ànàpàna bhàvanà). Soon, he attained the first råpàvacara jhàna (the first stage of absorption concentration). At that time, the shade of the rose-apple tree under which the Bodhisatta was sitting remained the same as before and did not cast its shade in a natural manner in line with the movement of the sun.

The nursing attendants finally remembered their duties and hurried back to find the young prince. Amazed by what they saw, they reported to the king: “Your Majesty, the young prince is sitting quietly and calmly. And though the shadow of other trees moved with the changing position of the sun, the shade of the rose-apple tree under which the prince sat kept unchanged even after noontide, retaining its round shape.”

King Suddhodana immediately came along and observed what was happening to the young prince. Seeing the miracle, he said: “O my dear son, this is the second time I, your father, salute you,” and paid obeisance to his son.

To be continued

※ 画像やテキストの無断使用はご遠慮ください。/  All rights reserved.南伝ブッダ年代記

アシン・クサラダンマ長老

1966年11月21日、インドネシア中部のジャワ州テマングン生まれ。中国系インドネシア人。テマングンは近くに3000メートル級の山々が聳え、山々に囲まれた小さな町。世界遺産のボロブドゥール寺院やディエン高原など観光地にも2,3時間で行ける比較的涼しい土地という。インドネシア・バンドゥンのパラヤンガン大学経済学部(経営学専攻)卒業後、首都ジャカルタのプラセトエイヤ・モレヤ経済ビジネス・スクールで財政学を修め、修士号を取得して卒業後、2年弱、民間企業勤務。1998年インドネシア・テーラワーダ(上座)仏教サンガで沙弥出家し、見習い僧に。

詳しく見る

ヴィパッサナー修習(観察冥想)実践、仏教の教理を学び、先輩僧指導の下、2000年までジャワ島、スマトラ島で布教に従事。同年11月、ミャンマーに渡り、チャンミ・イェッタ森林冥想センターで修行し、2001年、導師チャンミ・サヤドーのもとで比丘出家。同年、ミャンマー・ヤンゴンの国際仏教大学(ITBMU)入学、2004年首席(金メダル授与)卒業。同年以降2006年まで、バンディターラーマ冥想センター(ヤンゴン)、バンディターラーマ森林冥想センター(バゴー)でヴィパッサナー冥想修行。

奥田 昭則

1949年徳島県生まれ。日本テーラワーダ仏教協会会員。東京大学仏文科卒。毎日新聞記者として奈良、広島、神戸の各支局、大阪本社の社会部、学芸部、神戸支局編集委員などを経て大阪本社編集局編集委員。1982年の1年間米国の地方紙で研修遊学。2017年ミャンマーに渡り、比丘出家。

詳しく見る

著書にヴァイオリニスト五嶋みどり、五嶋龍の母の半生を描いた「母と神童」、単一生協では日本最大のコープこうべ創立80周年にともなう流通と協同の理念を追った「コープこうべ『再生21』と流通戦争」、新聞連載をもとにした梅原猛、今出川行雲、梅原賢一郎の各氏との共著 「横川の光 比叡山物語」。2021年、逝去。
ページトップへ